保護

フローリングの掃除

フローリングを保護し、きれいに保つ方法として床ワックスが挙げられますが、費用は安く抑えられますが効果を持続させるために定期的な塗り直しが必要です。
一方フロアコーティングでは耐久性があり、傷が出来にくく、日常の清掃で綺麗な状態を保つことが出来ます。
また水拭きも出来、シミになりにくい点も利点の一つです。

フローリングは素材が木であるという点からも摩擦などで劣化しやすく、保護することはフローリングを長持ちさせる面でも重要です。
フロアコーティングの種類はガラスはフローリングの膨張や収縮に強い特徴があり、紫外線遮断効果も高く、耐久年数で見ると20年以上あります。
UVでは耐摩耗性に優れており、ウレタンベースの塗料で耐久年数は20年以上です。
シリコンは柔軟性があり、塗り直しが出来るという特徴があります。
また撥水効果が高いことからペットが粗相しても掃除がしやすいといえます。
耐久年数は10年から20年です。

耐用年数

モップ

ウレタンでは摩擦に強く光沢があり、耐久年数は3年から10年です。
フローリングをフロアコーティングすれば床ワックスは必要なくなります。

床ワックスは痛みを防止することも出来ますがフロアコーティングと比較すると、硬度が低く、フロアコーティングの方が傷の防止効果は高いといえます。
費用を安く抑えたい場合は床ワックスを使用するといいでしょう。
種類は主に3種類あり、油を主成分とするものの他、蝋によるもの、樹脂によるものなどが挙げられます。
ただ素材によって向き不向きもあるため適切なワックスを使用する必要があります。

フロアコーティング

マンションの部屋

フローリングがキズが付かないように、またいつまでも清潔で使いたいという方のためにフロアコーティングをお考えの方に有用な情報をご紹介します。
最近のフローリングは、ワックスを必要としないものもあるのですが、やはり床ワックスをかけたほうが、キズもつきにくく、イロツヤもよいフローリングになります。
普通の床ワックスのぬり方は、まず掃除機やホウキで大きなゴミを取り除き、次に中性洗剤を数滴入れたぬるま湯に雑巾やいらない布を浸し、かたく絞ってフローリングを吹いてください。
汚れをふき取ったら、お湯だけで湿らせた雑巾で拭いていきます。
それが終わったら床が乾くまで乾燥させておくまでが床ワックスをぬるまでの下準備になります。
床ワックスをぬる場合には、1回目は下地としてぬりますので薄めに仕上げてください。
2度にすることによって光沢や床の持ちにも差がでます。
そして2回目は1回目よりもたっぷり目にぬっていきます。
床ごと変えてしまいたいという方に、いくつか種類をご紹介します。

耐久性の高いフロアコーティングをご希望の場合はガラスコーティングがオススメです。
20年以上も持ち、赤ちゃんやペットにも無害な素材で、ツヤは控えめですので家庭用に最適です。
シリコンコーティングというフロアコーティングは、滑り止めの効果もあり、ペットにオススメです。
ブティックなどのフロアコーティングをご希望の場合はUVコーティングがおすすめです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031